なにが違うの?トリートメントの洗い流すものと流さないものの違いとは

なんだか髪に元気がないな、と感じた時、使いたいのがトリートメント。トリートメントには、洗い流すタイプのものと洗い流さずにつけたままにするタイプのものがありますよね。それぞれ、どんな役割を持っているか、どのように使えば最も効果的に髪を守ってくれるのかちゃんと知っていますか?

せっかく髪を保護してくれるトリートメントでも、使い方を間違えると逆に髪のダメージのもとに…!それぞれの特徴をしっかり理解して、タイプ別に使いこなすテクニックを習得しましょう!

それぞれの役割と特徴とは

洗い流すタイプのトリートメントと、洗い流さないタイプのトリートメント。どちらも髪をいたわり、保護してくれるもの。しかし、厳密にいえば、以下のような違いがあります。

洗い流すタイプ:髪に与えられたダメージを補修する
洗い流さないタイプ:髪を外部の刺激から守る

髪はいつでもダメージの危機にさらされています。髪同士や布との摩擦の影響を受けたり、紫外線にさらされたり。その結果、乾燥してキューティクルがはがれてしまい、枝毛や切れ毛、退色を招いてしまうのです。

そんなダメージを修復してくれるのが洗い流すタイプのトリートメント。髪の内部にまで浸透し、痛みを修復してくれます。洗い流すタイプのトリートメントは、通常夜お風呂で使うことが多いですよね。夜、集中的に髪を修復した後は洗い流さないタイプのトリートメントの出番。就寝中の摩擦のダメージから髪を守り、1晩かけて髪に必要な栄養成分を浸透させ、ダメージに強い髪の毛にしてくれます。それぞれを上手に使い分けることで、日中受ける紫外線などのストレスにも負けにくい、健康な髪が作れるのです。

要注意。リンスやコンディショナーはトリートメントとは成分が違う!

リンスとコンディショナー、トリートメントの違い、ちゃんと知ってますか?実は、メーカーによって異なりますが、リンスとコンディショナーは名前が違うだけで役割に違いはないそう。これらは主に髪の表面をコーティングし、滑りを良くしてくれます。このことで摩擦などのダメージを受けにくくしてくれるのです。 一方トリートメントは髪の内部にまで浸透し、深刻なダメージを修復。髪を根本からいたわってくれる役割を持っています。だから、シャンプーの後はトリートメントをしてリンスまたはコンディショナー、が正しい順番。その後、お風呂からあがったら洗い流さないタイプのトリートメントをすれば最強ウルツヤ髪の出来上がりです!