アロマとハーブの違いって?

お肉やお魚をソテーする時に使ったり、お茶として飲んだり、私たちの生活にとっても身近になってきているハーブ。香りを楽しんでリラックスするアロマと一体どんな関係があって、どう違うのでしょうか?今回はハーブとアロマについてご紹介します。

ハーブは西洋の漢方薬

ハーブ(herb)は英語で「薬草」のこと。香りの高い香草には、滋養強壮やリラックスなど様々な効果を持つものが多いのが特徴。こういった植物の持つ効果をそのまま取り入れるのがハーブです。

ハーブの効果は緩やかなことが多く、妊娠中や小さなお子さんでも安心して摂ることができます。西洋の漢方薬のようなものといってもいいですね。

料理の臭みを消したり、旨味を引き立てたり、乾かしてお茶として頂くのが一般的な使い方です。食用に適していないハーブの場合は、ポプリや香木などとして使われるものもあります。

ハーブから抽出した「香りの成分」がアロマとして使われる

アロマで使われるエッセンシャルオイル(精油)は、ハーブから抽出されます。精油にもそれぞれ効能がありますが、1種類の植物に含まれる様々な成分の中の微量な精油だけを抽出したものであるためもとになった植物とは香りや効能が「似ているが少し違う」ものになることもあります。

ハーブとアロマのいちばんの違い

ハーブもアロマも「人間が持っている本来の自然治癒力を高める」点では同じです。いちばんの違いは「内服できるかできないか」でしょう。

ハーブの中には内服に適していないものもありますが、原則ハーブはお茶などの形で口にすることができます。アロマで使用するエッセンシャルオイルは(思わず口にしたくなるような美味しそうな香りのものもありますが)内服することができません。

その差によって、それぞれ得意な分野も変わってきます。ハーブは口腔内や胃腸を「中から」癒やすのが得意です。一方アロマは皮膚などの「表面から」働きかけ、香りを使って「脳や神経に」働きかけます。

それぞれの違いや特徴を知って、両方を生活に取り入れてみましょう。